昼顔妻激増!アシュレイマディソンよりも断然会える不倫サイト 最新版

昼顔妻激増!アシュレイマディソンよりも断然会える不倫サイト 最新版

不倫専用サイト BEST3
SWEET LINE
SWEET LINEのバナー
管理人が勧めるNo1

不倫、セフレ何でもアリのマルチサイトがコチラ!多くの人妻や主婦に支持されている本物の出会い系サイト♪
もちろん秘密厳守はご安心ください!心配不要で思い切り不倫を楽しめます☆

ステップ
ステップのバナー
高確率な出会いで人気!

アダルトな出会いに特化した優良サイト!男女のバランスが良く、出会い率もかなり高いと評判です☆
目的がハッキリしているので、出会うまでのスピードが早いのも特徴の一つです♪

愛カツ
愛カツのバナー
大人向けのコミュニティ

欲求不満の人妻が好んで利用するエロサイト!今すぐ会いたいという方には特にオススメです☆
写メで相手を検索できるので、気に入った女性がいればメッセージを送ってみよう♪

昼顔妻の新しい恋を応援!ばれない不倫をする方法

昼顔妻、最近話題になっているワードですが、これはとある編集者が造った言葉でして、もともとは存在しない単語でありました。昼顔妻、それは、旦那のいない時間帯の妻の顔を意味し、つまりは不倫をする主婦のことを指しています。その正しい意味としては、旦那以外の男性と恋愛をする主婦のこととされていますが、そのくらいの年齢の人々の恋愛に、セックスを欠かすことはできません。

法律には、離婚請求の要件を満たすのは「不貞行為」とありますが、これはセックスのことを示しており、昼顔妻とは、言い換えれば旦那から離婚を請求されても文句の言えない立場にある女性のことなのです。不倫には多大なリスクが伴いますが、その行為自体が間違っているものであるかというと、そうではありません。不倫の行為それ自体は、他の人間がどうこう言えたものではないのです。まず、結婚はひとつの契約であり、その人のみを愛することを誓うものですが、これがまず難しいことであるのです。

たしかに、その旦那(妻)にべたぼれで、他の異性にはまったく興味の湧かない人もいるでしょう。けれども、男性でも、女性でも、他の人に目移りしてしまう瞬間は絶対にあるはずです。なぜなら人間は動物ですし、世に別れ話というものがたくさんあるように、付き合っていたのとは別の異性のことを好いてしまうといった事例は、どこにでも転がっていて、かつ誰にでも起こりうることだからです。

問題はそれを行動に移すか否か、自制心を持って活動できるかどうかですが、不倫のリスクを理解したうえで、それでも恋愛をしたいというのなら、それは彼ら彼女らの人生ですから、文句を言う筋合いは誰にもありません。たとえば、結婚していて、その伴侶のことを心から愛していたとしても、自分の理想とする異性から体の関係を求められたり、純粋に愛の告白をされたりすれば、誰しも心が動かされてしまうものです。独身であれば絶対に付き合っているようなルックス――タレントやアイドルで考えるとよいでしょう――を持つ異性に熱く求められれば、男性とて、女性とて、応じてしまうものなのではないでしょうか。

このように、人の気持ちというのは、どうしたって一人の人間に集中させられるものではないのです。不倫をする人というのは、社会的には許されないかもしれませんが、自分の動物的な衝動性、本能に正直であるといえるのです。それは人間の原始的な、本来あるべき姿といえるでしょう。昼顔妻は、そのように自分に正直な女性らを一言で表現した言葉です。表にはあまり出てこないだけで、実際にはこの昼顔妻は世間には数え切れないほどいると思われます。

ばれないように

とはいえ、それは不倫ですから、ばれてしまうとかなり厄介なことになります。離婚や、慰謝料の問題もありますが、親に連絡が行ったり、親権を失ったりするのが何よりもつらいことでしょうね。この不倫というやつは、してもいいことではありますが、やはりそれはばれるようではいけないのです。不倫が露見してしまわないように、何事にも慎重に注意深くあたれる人でないと、手を出すべきではない行為なのです。

ばれない不倫をするには、どうしたらいいのでしょうか?まずは、その不倫相手と街を歩かないことです。知り合いに目撃されれば、旦那に連絡が行ってしまいますからね。今時、「家庭を壊したくはないから」なんて生易しいことを言う人物はそういないと考えたほうがよいでしょう。そのような偽りの平和をよしとする人間はこの時代少ないですし、何より、浮気されている旦那さんがかわいそうと思う人が多いからです。ネットの掲示板や知恵袋など、人々が顔を見せず、本音で語り合えるところでも、やはり不倫を否定する人が圧倒的に多いですよ。不倫の現場を目撃したという相談があれば、「教えてやれ」との回答が多くつきます。

また、旦那に新しい恋を悟られないようにするには、連絡の方法や時間帯に気を遣うことです。夜や休日には絶対に連絡をしない。万が一を考えて、旦那のいる時間帯には間男の連絡先を拒否設定に登録しておく。そのくらいはやらないと、不倫はいずればれてしまいます。メールは逐一削除し、電話の履歴も消す。アドレス帳には女性の名前でそれを登録し、ラブホテルなどに入る場合には、マスクなどの変装をしたうえ、別々に入室し、帰りに車で送ってもらうようなことはしない。これくらい用心深くやって、ようやく安全かというところです。

子供がいる場合には、子供の前でも間男とは連絡しないようにしましょう。子供はそういうことに敏感で、しかも口が軽いですから、「この人怪しい」と思ったらまず間違いなく父親に報告するでしょう。小学校高学年にもなれば、不倫は悪いことで、手を出した人間が絶対的に悪いという感覚を子供たちは身につけています。それまでは母親として愛していたかもしれませんが、不倫をしていたとなれば別です。不倫がばれたあと、その不貞妻が子供に汚物扱いされるなんて話はよく聞きます。

不倫相手を見つける

不倫相手を見つけるのであれば、出会い系サイトを使うのがよいでしょう。出会い系サイトの良い点は、広範囲にかけて、好みの男性を探すことができるというのと、サイトの設定で、サイトからのお知らせメールを受け取らないようにできることです。たとえば、あまり頻繁に携帯電話が鳴るようだと、旦那に怪しまれてしまいますよね。ネットで不倫相手を探すとなると、女性には多くの男性がたかってきますから、まともにやれば携帯電話が鳴りっぱなしで仕方ないのです。音はマナーモードでごまかせたとしても、男性からのメールが大量に携帯電話に残るので厄介です。

しかし、出会い系サイトは、男性からメールが届いたときに携帯電話にそれを知らせる「メール受信のお知らせ」を、届かない設定にすることもできるのです。これによって、携帯電話にメールを残さず、しかも多くの男性の中から好みの人を選ぶことが可能となります。不倫には欠かせない、心強い味方ですね。

サイトに関しても、ブックマークはせず、その都度検索してトップページからログインするようにしてください。そうすれば、不倫行為のばれる可能性はさらに低くなります。そのくらい用心しなければばれると考えてやったほうがいいでしょうね。不倫とはそういうものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ